新しいモデルにアップデートすると古い機種が使えなくなるのは何故?

Windowsでは、古いパソコンがアップグレードのたびに遅くて使えなくなっていた。今度もAtomプロセッサーはサポートが打ち切られ、実際遅くて使えなくなってしまった。これは、Windowsだけではない。AndroidNexus7ではもう遅くて使えないという状態まで言っている。Nexus5はまだ大丈夫のようだ。iPoneも徐々に遅くなっているがiPhone5 では使えないアプリが出始めているがまだまだ使える。ただ、バッテーリはアプリのよるが3~4時間しか保たない。おそらくはグラフィックやらの性能が上がりそれだけCPU、メモリーグラフィックカードの性能を上げないとだめだということだろう。最初は文字から始まり、画像、動画、2次元から3次元へと移行し始めており、これからはグラフィックの性能が高くないと描画速度が追い付かなくなり結果として動作が緩慢になり使えなくなるだろう。iPhoneXが発売開始されれば古い機種のサポートも打ち切られることになろう。するとアプリも使えなくなる。そこが機種の寿命と言うことになるのかもしれない。今や、家庭に眠っている携帯、スマートフォンが買い替えで何百万台も眠っているらしい。その中には再処理で使える貴金属が大量に含まれており相当の金額になるらしい。これらを再利用して資源の有効活用を図り、機種代金が高くならないようにしてほしい。

最近では、SIMフリーとなり2~3世代前の中古が高く売れるみたい。

Oracle JavaScript Extension Toolkit(Oracle JET)

最新のJavaScript、CSS3、およびHTML5の設計と開発原理に基づくモジュラ式のツールキット

おもな利点

 

CCleaner:膨大な数のマシンが危険にさらされている

Talosは最近、ソフトウェアベンダーが正当なソフトウェアパッケージを配布するために使用したダウンロードサーバーを利用して、疑いのない犠牲者にマルウェアを配布するケースを観察しました。 ある期間、Avastによって配布されているCCleaner 5.33の正規の署名済みバージョンには、CCleaner のインストールの最中に乗っていたマルチステージのマルウェアペイロードも含まれていました。CCleaner は2016年の11月までに合計で20億件以上のダウンロードがあり、1週間に500万人の追加ユーザーが増加します。感染したコンピュータのネットワークによって引き起こされる可能性がある潜在的な被害を考えると、私たちはこのサイズのほんの一部であっても、迅速に移動することを決めました。2017年9月13日、Cisco TalosはAvastに適切な対応活動を開始できるように直ちに通知しました。

 

引用元:

blog.talosintelligence.com

Java EEがEclipseに移行

Java EEの新しい方向性に関するニュースガバナンスとプロセスを変更する動機の1つは、Java EEをより機敏で迅速な方法で進化させることです。

最初にそれらの意図を発表してから1ヶ月以内に   OracleIBMRed Hatの助けを借りて)はEclipse Foundationを将来のJava EEの本拠地として選んだのです。ここでのオラクルの発表を読むことができます

 

Red HatEclipse Foundationのメンバーであり、JBossTools、IoT、Kapua、Vert.x、Cheといった様々なプロジェクトでEclipse Foundationと長年協力してきました。.OracleIBMEclipse Foundationなどと協力していきたいと考えています。

引用元:

middlewareblog.redhat.com

信頼性のないシマンテックの証明書に関するChromeの計画

2017年1月19日、一般公開mozilla.dev.security.policyニュースグループは、シマンテック社のPKIが発行した一連の疑わしいウェブサイト認証証明書に注目しました。Thawte、VeriSign、Equifax、GeoTrust、RapidSSLなどのさまざまなブランド名で一連の認証局を運営するSymantecPKI事業は、業界で開発されたCA / Browser Forum Baseline Requirementsに準拠していない多数の証明書を発行しました。その後の調査では、シマンテックは、適切または必要な監督なしに証明書を発行する能力をいくつかの組織に委託し、しばらくの間、これらの組織のセキュリティ不足を認識していたことが明らかになりました。

Chrome66以降では、2016年6月1日以前にシマンテック社が発行した証明書でを信頼を削除します。Chrome66の予定は 2018年3月15日にChromeベータ版でユーザーに解放され、2018年4月17日を中心に安定したChromeを提供します。

2016年6月1日より前にSymantec CAから発行された証明書を持つサイト運営者は、Chrome 66リリース前に、既存の証明書をChromeが信頼するすべての認証局の新しい証明書で置き換える必要があります。

引用元:

security.googleblog.com

ラズベリーパイ:GoogleはDIY音声認識キットに従うAIプロジェクトをさらに計画している

Googleは、次のメーカーのプロジェクトでは、目、耳、声、そしてバランス感覚が加わると語っている。

GoogleのAIY Voice Kitは、Raspberry Piベースのメーカープロジェクト用の自作の音声認識キットです。

キットの初期段階は数時間で売り切れたが、Google は今後数週間で店舗やオンラインでの購入が可能になり、年内には他の場所でもキットを入手できるようになると語った。

引用元:

www.zdnet.com

AndroidおよびJava用の高速依存インジェクタ Dagger

どのアプリケーションにも、最も良いクラスは、BarcodeDecoder、 KoopaPhysicsEngine、 AudioStreamernのようなクラスです。これらのクラスには依存関係があります。おそらく、BarcodeCameraFinderDefaultPhysicsEngine、とHttpStreamer

対照的に、アプリケーションの最悪のクラスは、何もせずにスペースを占めるクラスです:BarcodeDecoderFactoryCameraServiceLoader、 MutableContextWrapper。これらのクラスは面白いものを結ぶ不器用なダクトテープです。

DaggerはこれらのFactoryFactoryクラスを置き換えるものです。興味深いクラスに集中することができます。依存関係を宣言し、それを満たす方法を指定し、アプリを出荷します。

標準のjavax.injectアノテーション(JSR-330)を構築することにより、各クラスを簡単にテストできます。FakeCreditCardServiceRpcCreditCardService交換するためだけにボイラープレートの束を必要としません。

依存性注入はテストのためだけではありません。再利用可能で互換性のあるモジュールを作成することも容易になります。すべてのアプリで同じAuthenticationModule を共有できます。また、開発中にDevLoggingModuleを走らせ運用中にProdLoggingModule実行して、それぞれの状況で正しい動作を得ることができます。

詳細については、QCon 2012のJesse Wilsonによる入門講演をご覧ください。

coffee makerを作ることによって、依存性注入とDaggerを実演します。コンパイルして実行できる完全なサンプルコードについては、Daggerの coffee example参照してください。 

 

Androidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB+DB PRESS plus)

Androidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB+DB PRESS plus)

 

 

 

 引用元:

square.github.io